ESICMに行ってきました

集中治療医学会総会は、2~3月あたりに行われますが、一般的には秋が学会シーズンです。
9月末~10月頭にかけてヨーロッパ集中治療医学会(ESICM)、日本救急医学会総会がありました。当科からも複数の演題発表がありました。

今年のESICMはベルリンで開催され、髙島、中西両先生がe-posterで発表しました。このwebsiteの“業績集”から演題名など見れますのでどうぞご覧ください。髙島先生は海外学会初陣。発表自体はどうだったかは分かりませんが、本人から“無難にこなしました。ベルリンの壁は見ましたよ”とのコメント。
しかし、帰国してから、高揚感に浸った様子もなく、現地で打ちひしがれた様子もなく、特にexcitingな話もなく、どうやら豚肉とジャガイモの食世界に疲れたようです。
帰国してから、目をうるわせながら寿司を食べたのはここだけの話です!

次は集中治療医学会総会が控えております。当科をローテーションした研修医もモチベーション高く演題登録しています。3月に名古屋に乗り込む予定です。

   

(上野義豊)

関連記事

  1. 麻酔と集中治療

  2. 第46回日本集中治療医学会学術集会

  3. 48th SCCM(米国集中治療医学会)

  4. 6th SG-ANZICS in Singapore

  5. ECMOヘリ搬送シミュレーションを見学しました

  6. 2019年度上半期終了