Best Teacher Award

COVID-19、米国、欧州は大変な状況です。分からないことが多すぎてコメントする立場にありませんが、今朝のNHKで、“テルモがECMOを増産、、”と、高瀬アナがニュースを読み上げたのには驚きました。ECMOという言葉が公共の電波に乗ったのは史上初めてでしょう。このような形で集中治療の認知度が上がるとは皮肉です。

今年のベストティーチャー賞(クリニカルクラークシップ(ポリクリ?)の学生が選ぶ)が発表されました。
私、徳島に戻ってから3年連続の受賞となりました。教育に興味があるわけでもないのに不思議で仕方ありません。まともな研修病院(札幌東徳洲会)で教育の仕方を知っている上級医の影響を受けたのが大きいかなと思います。
徳島に戻った2016年頃に比べると、今は世代間ギャップも感じるのですが、今がダメというわけでもありません。良い意味でピュア、悪く言えばドライな感じ、になっていってる今日この頃の若者たち。、
この賞いただいても、後期研修で徳島県内を選択するレジデントは少ないので、歯がゆい気持ちがあります。そうは言っても、当科を選択実習で選択する数は明らかに増えているので、今後、裾野が広がることを期待したいです。

おそらく、来年度はないと思います!
(上野義豊)

関連記事

  1. 中西先生がやってのけました!!

  2. ECMOヘリ搬送シミュレーションを見学しました